重心移動式リップレスミノーバルサ4枚タイプの作り方

自分で作れる重心移動ルアーです!
バルサを4枚使用することでウェイトホールを正確に掘る事が出来るようにしました

接着剤代が3倍になるのが欠点ですが

材料

バルサ4mm
バルサ3mm
ガン玉3B
割りビシ特大
割りビシ大々
両面テープ
ステンレス針金#20(0.9mm)
ゼリータイプ瞬間接着剤
リアルアイ6mm
キッチンテープ
紙やすり#240〜150くらい(バルサの硬さによって)
写真にはありませんがセルロースセメント

重心移動のために大きなウェイトルームをあけるのでバルサは柔らかすぎるものは避けて強度を上げましょう
バルサ4mmの代わりにウッドを使うのもいいと思います

材料・工具が手に入らないならハンドメイドルアーShopギジェットがおすすめです


ご希望の方はこちらから型紙をダウンロードできます
このままA4紙に印刷してください

ダウンロード

バルサを削る

 
4mmと3mmのバルサに2枚づつ、型を使いバルサにペンで下書きをしてカッターナイフで切り抜きます

 
3mmバルサを少しだけ両面テープをつけて貼り合せます



 
重心移動のガン玉3Bが入るウェイトホールを作ります
ウェイトホールに鉛を入れて転がしてみて引っ掛かるなら広げていきましょう
カッターナイフで切り難い所はアートナイフを使うと切りやすいです


鉛玉が前方に固定されるように溝を掘ります


張り合わせたところをカッターで剥がします


#20の針金で骨組みを作り彫刻刀で入れるみぞを掘ります
針金に割りビシの特大と大々を挟んでバルサに入るよう穴をポンチ、彫刻刀、ルーターなどを使い掘ります

 
ゼリータイプ瞬間接着剤で3mmのバルサを張り合わせます
そこに4mmのバルサも片側だけ張ります

 
ガン玉を入れて転がる事を確認してからもう片方の4mmバルサをゼリータイプ瞬間接着剤で張ります


ルアーの形に削り、出来たら#240〜180の紙やすりで でこぼこを削っていきます

重心移動ルアーを作るときは針金を入れた所の穴などから水が入らないようを完全に塞ぎましょう 普通のルアーなら水が入ってもあまり問題ありませんが
重心移動の部分に水が入ると動きが悪くなります



これで重心移動システムは完成です



下地コーティング


セルローセメントで下地コーティングします
どぶづけ回数は粘度によって違いますが新品のナガシマのセルロース・クリヤーなら5回です
木のザラザラが消えてコーティングで ぴかぴかになるまで繰り返します
1〜3回目はザラザラになるので240〜#400程度の紙やすりで滑らかにします

色塗り


エアブラシを使って色を塗りますまずMr.カラーのクールホワイトを全体に塗りレッドで頭を塗ります

 
ウレタンコートにどぶ漬けしてコーティングします
夏場は半日、冬場は1日乾燥させて次のどぶ漬けの前にスポンジやすりで全体に傷を付けて足付けをすると
コーティングが割れてしまったときに接がれ難くなります
紙やすりを使うと色が移ってしまうので止めましょう3〜4回コーティングします

目入れ〜完成

 
5mmのポンチで目玉を入れる穴を開けてアートナイフかカッターナイフで掘ります


瞬間接着剤で目を付けたら完成です!



トップへ