重心移動式リップレスミノーの作り方


自分で作れる重心移動ルアーです!
ウェブリング50%ローリング50%のアクションで大きくはありませんがしっかりとアクションをしてくれます!

材料

バルサ8mm
ガン玉6B
ガン玉4B
ガン玉3B
鉛玉6mm
両面テープ
ステンレス針金#20(0.9mm)
ゼリータイプ瞬間接着剤
リアルアイ6mm
ストロー
キッチンテープ
写真にはありませんがセルロースセメント

重心移動のためにウェイトルームをあけるのでバルサは硬めの物を使い強度を上げましょう!

材料・工具が手に入らないならハンドメイドルアーShopギジェットがおすすめです


ご希望の方はこちらから型紙をダウンロードできます
このままA4紙に印刷してください

ダウンロード

バルサを削る


型を使いバルサにペンで下書きをしてカッターナイフで切り抜きます




同じものを2枚作って少しだけ両面テープをつけて貼り合せます


ルアーの形に削り、出来たら#240〜180の紙やすりで でこぼこを削っていきます


カッターで張り合わせたところを剥がします


#20の針金で骨組みを作り彫刻刀で入れるみぞを掘ります


重心移動の鉛が入るウェイトホールを作ります
6mmのストローが入るように穴を開けてストローを出してから
ウェイトホールに鉛を入れて転がしてみて引っ掛かるなら広げていきましょう
左右対称になるよう慎重に!


鉛玉が前方に固定されるように溝を掘ります


頭に6Bと4B、尻尾3Bのガン玉を入れます、穴はポンチ、彫刻刀、ルーターなどを使い掘ります


ゼリータイプの瞬間接着剤で貼り合せます
ストローは入れません
鉛玉がくっつかないうに少なめにしましょう
乾いたら#240の紙やすりではみ出した接着剤を削ります

重心移動ルアーを作るときは針金を入れた所の穴などから水が入らないようを完全に塞ぎましょう 普通のルアーなら水が入ってもあまり問題ありませんが
重心移動の部分に水が入ると動きが悪くなります



下地コーティング


セルローセメントで下地コーティングします
どぶづけ回数は粘度によって違いますが目をいれるときと合わせて新品のナガシマのセルロース・クリヤーなら5回です
木のザラザラが消えてコーティングで ぴかぴかになるまで繰り返します
1〜3回目はザラザラになるので240〜#400程度の紙やすりで滑らかにします

アルミ張り


キッチンテープにポンチの持つ所でウロコをつけ
二つ折りにしてバルサを切った時に型を使い切り抜きます


キッチンテープを張ります
ハサミの持つ所と使うと貼りやすいです


顔の型を使い切り抜いたキッチンテープを張ってエラをつけます
そのあと背中にもキッチンテープを張りましょう


ダイソーのスプレーはアルミテープと相性が悪いようなのでさらにコーティングします
3回程度セルロースにどぶづけしましょう

色塗り


背中にMr.カラースプレーのクリアーブルー
腹にダイソーカラースプレーのアイボリーを塗ります
見た目を重視するなら腹もMr.カラーのホワイトにすると綺麗に出来ると思います
ダイソーのスプレーは乾きが遅いので長めに乾燥させましょう
十分に乾かしたらセルロース1回にどぶづけします


十分乾かしてから6mmポンチと彫刻刀を使い目を入れる穴を開けます
そのあとルーター用のヤスリを手で持って使い滑らかにします

最終コーティング


強度を上げる為に最後のコーティングをします!
回数はセルロースの粘度によって違いますが、色塗り時のコーティングとあわせて
〜60cm程度の魚を釣るなら下地コーティングでぴかぴかになった回数のと同じで十分です
80〜100cmのシーバスなどを釣るなら下地の倍程度しておくと安心です


最後1回のコーティングをする前に目を入れます
接着剤は必要ありません

完成!


最後のコーティングが終わったら半日以上乾燥させてからアイのバリとりをして針をつけたら完成です!



トップへ

シーバス、バス釣り用ハンドメイドルアーの作り方などのサイトです 自作ルアーでフィッシング!