トップ > マグネット重心移動式サーフェイスミノーの作り方 > 重心移動組み込み

重心移動組み込み


いよいよこのルアーの目玉!マグネット式重心移動を組み込みます

 
ニッパーでプラスチックを壊して磁石を取り出します
破片が飛んでいくので注意しましょう

 
このネオジウム磁石は磁力が強すぎでオモリをくっつけたまま放さないルアーになってしまいます
そこで磁石を買ったときのパッケージを小さく切り3枚ほど接着剤で貼り付けます


磁石とストローが入るようにバルサに穴を開けましょう
カッターで沢山切り込みを入れたから彫刻刀で削ると綺麗にできます


ストローを4.5cmに切り中に平行ピンを入れて重心移動するようにします
ステンレスではない並行ピンを使う場合サビに注意いましょう
出来上がってから錆びてしまうと上手く機能しなくなります
水に浮かべてバランスのテストをする場合別の平行ピンとストローを使いましょう


さらにオモリを追加します
重心がシッポに移動した時の重さの半分程度のオモリを頭の方に入れるとスムーズに重心移動します
平行ピン4gとガン玉2B(0.85g)なのでその半分程度の重さがある割りビシ(特大)を頭に入れます

重心移動の平行ピンがスムーズに動くか確かめます
パーツを全てセットして重心をシッポに動かしてから少しづつ頭のほうに かたむけて
「カチッ」と軽い音を立てて移動したらOKです
すべりがよくないようならストローが ゆがんでいないか、水がついていないかなどを調べてみましょう


ゼリータイプの接着剤で張り合わせます
重心移動の部分がくっつかないように注意しましょう

重心移動ルアーを作るときは針金を入れた所の穴などから水が入らないようを完全に塞ぎましょう 普通のルアーなら水が入ってもあまり問題ありませんが
重心移動の部分に水が入ると動きが悪くなります



次へ

トップへ